ユルタノウラ。

ゆるたの。さゆたのひとりごと。

ちょっと距離をおきたいと彼氏に言われたら?しばらく連絡を待った私。

付き合って3年になる彼氏がいました。

当時私は25歳で、もちろん結婚も考えていましたし、その人とずっと一緒にいるんだろうなと思いました。

そして突然メールが来ました。
まだラインの時代じゃないです笑

内容は「ちょっと距離をおきたい」でした。

えっ、私たち毎日のように会って、常に連絡して愛しあってたじゃない!?

なんで?なんで?

もう頭の中は真っ白ですよね。

嫌だと言う気持ちを抑えて、私は「わかりました、連絡を待っていますと返信しました。

そうして「ちょっと距離をおきたい」とはどれくらいの期間なのか、なんで距離をおきたいのかわからないまま、距離をおくことになりました。

当時私も「彼氏 距離をおきたい」とかで検索しまくっていたので、1つの体験談として参考になればいいなと思います。

距離をおきたいから次の連絡がくるまで約1か月

f:id:sayutan14:20181206002557j:plain

ええ、連絡を待ってから次の連絡が来るまで1か月でした。

その間はこちらからは何のアクションもしませんでした。

「距離をおきたいっていつまで?」
などと返信したい気持ちもありましたがここはぐっとこらえて気丈に振る舞っていました。


毎日こまめにスマホをチェックし、メールが入れば彼かと思いがっかりする毎日…。

そして、彼のことをちょっと忘れかけていた1か月後に連絡が来たのです。

距離をとりたいと言われこちらから連絡をしない理由

距離をおきたい。と言われて「嫌だ!」「なんで!?」と言ってしまいたい気持ちもわかります。

しかし、ここで嫌だと言ってしまったら、彼はますますあなたと距離を取りたいと思ってしまいます。

なぜなら彼は距離を取りたいと思っているから。
更に近づこうとすると逃げたくなる心理ですね。

すがりつく女はみっともないものですよ。
そんな女性に男性は魅力を感じるでしょうか?

ここはどんと構え、なんでもないふりをしていつでも待っているので好きにどうぞ、という心構えを持つことが大切です。

もちろん内心は不安でいっぱいです

でもね、せっかくの機会なので彼のことを少し忘れてみませんか?
不安な気持ちを抱えながら過ごす毎日って無駄だと思いませんか?

距離をとりたいと言われた結果

  • 別れる
  • 別れない

どちらに転んでもいいように1人で過ごしていた時のことを思い出してみましょう。

彼氏が距離をおきたい理由は別れたいと思ったから

距離をとりたい理由を聞くとこのまま私と一緒にいていいのか疑問に思ってきたと言いました。

彼の中で私のことを「なんかちょっと違うな」と感じたのでしょう。

結婚してもやっていけない

そう感じて、少し私との付き合いを考えようと思ったみたいです。

しばらく考えた結果、私と結婚するのは違うなと思い、このまま付き合い続けても何も生まれないし私にも申し訳ないと。

そう言ってました。勝手ですよね。
男の人はいつでも勝手です。

距離をおいた結果、別れたいと言われた

距離をおいた結果、別れたいと言われてしまいました。

なんだそれ!って感じです!

距離をおきたいと言われて少しでも私の元に戻ってくると期待していたのがバカみたい。

それなら段階を踏まずに別れて欲しいと言って欲しかったです。

頭の中が真っ白になりました。
この1か月は何だったのかと。

そして私はその状況を受け入れることができずにいて、諦めきれなかったんです。
ちゃんと話をさせて欲しいと言い、チャンスを貰いました。

別れたいと言われてすがりついてしまった私

私は彼のことが好きだったので別れなくない一心で話し合いの末必死に彼を繋ぎ止めました。

でも彼は私と別れる決心をしていたのです。

そんな状態で繋ぎ止めても私は彼に嫌われたくなくて全ての行動が不安になってしまい、彼の機嫌取りばかりするようになっていました。

例えば、デートの時にこれまではほぼ彼が迎えに来て送り迎えをしてくれていたんです。
それを私が自分のバイクで会いに行ったり、自分の車で送迎するようになりました。

全ては彼と一緒にいるために。

付き合う上で対等な関係じゃなくなったらもう、おしまいなんですよね。

それでも彼と一緒にいたかったんですよ。

まとめ、距離をおきたいは別れたいのサインかも

距離をおきたい話題から離れそうなのでこの辺にしておきますが、その後繋ぎ止めた彼とどうなったかはまた次の話で。

結論【距離をとりたい】とは

  • 約1か月連絡を取らない(距離をとる)
  • 相手は別れの一歩を踏み出そうとしている

でした!
あなたの彼は連絡が来ることを願っています!

【スポンサーリンク】