【あんスタ】アニメ11話感想~演出めっちゃ良い!零最高~

つむぎ

あんスタアニメも11話!

エレメント後編ということで、今のTrickStarが革命を起こす前に革命を起こした英智の軌跡を知ることができる話です。

11話の演出が結構良いと思ったのでさっそく感想いってみたいと思います。

 

\2週間無料のhuluであんスタ見逃し配信を見に行く/

\U-NEXTで31日間無料見放題!あんスタ見逃し配信を見に行く/ 

あんスタアニメ11話感想~零の囁き最高!~

 

fineとして五奇人を討伐していく英智。

まとめ役をつむぎに。

二枚看板を日和と凪砂にし、英智はあまり目立たないポジジョンをとっていました。

しかし、全ては英智の計画通りに進んでいきます。

零は生徒会長としてその様子を見ていたけれど何もしなかった。

そのえげつない戦略に零は英智へ「お前はもうこっち側だよ」と言います。

そしてその時に耳打ちして何かを囁くんですが、その時には何を言われているかはわからない演出になってて。

それが最後にもう一度同じシーンがきて零が「…かわいそうに」って言うんです。

それがイヤホンをしてると右側からしか聞こえないんですよね!!

ここのシーン結構ゾッとするのでぜひイヤホンで聞いてみてください!

 

つむぎは過去に親が離婚したり自己破産したりして、色々ありすぎて痛みを感じなくなってしまってて。

英智のことは友達として協力していたつもりで。

でも英智は、今まで友達もいなくて自分の権力やお金があったからみんな良くしてくれているんだと思ってて。

五奇人討伐が終わったあとfineは解散して、つむぎともお別れするつもりだった英智。

一方で友達だから協力してて、fine解散のあとも自分は英智の隣にいれると思っていたつむぎ。

つむぎ

革命は成功したけれど、親友になれたかもしれないつむぎを捨て、この話には出て来ないけれどレオとの友情も捨て孤独になった英智。

英智には時間がなかったんですよね。

死ぬかもしれない、死にたくない。

保健室で涙しながら呟いている英智にそれはそれはぐっときました…。

一方で五奇人と言われ、すごすぎる能力ゆえに友人なんていなかった5人はこの出会いに感謝していて…。

 

渉は英智に「私の配役はこれであっていますか?」と聞きにきます。

面と向かって渉に会ってしまった英智。

英智は五奇人を討伐する計画だけれども「渉が負けるところは見たくない」と溢そうとしたところで渉に止められてしまいます。

渉はシナリオ通りに演じるだけ。

究極のエンターテイナーとして。

 

最後の渉とホッケーマスクの舞台で、原作では零が「俺たちはわかっているなら」というシーンがあり、アニメでは五奇人の渉以外の人が最後の舞台を見に来ていたり…五奇人の絆というものを感じさせてくれたなと思いました。

渉

零

零

エレメントとしては、はしょられているところも多いんですが(つむぎが英智にカラオケに誘うシーンとか)すごくすごく面白かったです!!

あんスタアニメ12話はどんな内容?ついにDDD決着か

 

エレメントから現在に戻ってきて、渉から北斗へ北斗のおばあちゃんからの手紙を渡します。

そして準決勝はfineとUNDEADの対決!

それを見守るRa*bitsとTrickStar、そして戻ってくるホッケ~。

fineとTrickStarの決勝戦。

12話の題名が「決着」とあるのでfineとTrickStarの決勝戦が行われてメインストーリーの終わりまでいってしまうんでしょうかね。。

楽しみです。

\2週間無料のhuluであんスタ見逃し配信を見に行く/

\U-NEXTで31日間無料見放題!あんスタ見逃し配信を見に行く/ 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA